憧れのバストアップ、理想のバストメイク アップルC

  • バストアップに役立つ様々な情報を随時更新中です♪
『卯の花ハンバーグ』香ばしい甘ダレがけ
大豆イソフラボンが豊富なおからを使ったうの花をアレンジしたハンバーグ

うの花を使ったハンバーグ。料理の特徴、材料、作り方、ポイントの順番で説明していきます。

しっとり美味しい『うの花』 カテゴリー:「大豆」「ササミ」「炒め煮」
大豆イソフラボンが豊富なおからを使ったうの花をアレンジしたハンバーグ。

とても簡単に作れるのでご飯のおかずにどうぞ♪
分量 食材 備考
200g うの花 ※作り方 参照先
1個 全卵 M玉サイズ、またはL玉サイズ
ひとつまみ うの花の味付けとお好みに合わせて調整
少々 コショウ お好みで調整
適量 炒め用油
サラダ油、まはたピュアオリーブオイル
適量 片栗粉 ※水分が多い時は少量ずつ加えましょう。
     
A.調味料 ※Aの材料はセット  
50cc 醤油 濃口、薄口などはお好みで。
50cc 料理酒  
50cc 本みりん なければみりん風味にして、砂糖を3g増やす
15g 砂糖 上白糖で大さじ1杯(15g)
 
1.下準備をする。
ボールにうの花を200gを入れ、全卵、塩、コショウを入れてよく混ぜ合わせる。
※うの花の炒め具合によっては水分量が多いため、その時は片栗粉(または小麦粉)を少量加えましょう。
2.混ぜあわせたタネの固さは、スプーンですくってポテッとした、ゆるい固さが目安です。
※短時間で焼きあげるため、片栗粉や小麦粉はできるだけ入れないで仕上げるのがポイントです。
3.油をしいたフライパンを中火で温め、混ぜあわせたタネをスプーンですくってフライパンの上に乗せる。
フライパンに乗せたあと、上から優しく押さえて平たくする。
スプーン1杯分は大さじ1(大きなスプーン)で山盛りが目安。
4.中火で片面を焼き、焼き色がついたらフライ返しなどで優しく裏返す。
※崩れやすいので丁寧に裏返しましょう。
5.両面に焼き色がついたらお皿に移します。
6.甘ダレを作る。
Aの調味料を全て、小さな手鍋などに入れて加熱する。
7.沸騰したら日を弱め、1/3くらいになるまで煮詰めていく。
煮詰めて「とろみ」がついてきたら、スプーンなどですくって垂らしてお好みの濃度にしてください。
※冷めた時にとろみは増すので、スーっと垂れるくらいの固さがよいですが、煮詰めすぎた場合はお湯(水)を足してゆるくしてください。
8.5の焼きあがったハンバーグに7の甘ダレをかけてお召し上がりください。
 
【ポイント】
・うの花を作る際、一度にまとめて作ったり、または余った時にアレンジメニューとして活用。
・熱を加えてあるうの花を使っており、卵で焼き固めるため、短時間で焼き上がります。
※小麦粉や片栗粉を入れた際は、しっかり熱を加えてください。
・甘ダレは醤油、料理酒、みりん、砂糖で作るため、一度に作って冷蔵庫で保管できます。
鶏肉や豚肉、つくねや焼き鳥などのタレとしてもお使いできます。
※通常は1週間~2週間ほどは冷蔵庫で保管できますが、甘ダレに水を加えた場合や保管する容器などの衛生管理状態で変化しますので、お早めに使い切るようにしてください。
 

バストのお悩み別人気商品ランキング

1位:アップルC

つけた瞬間美しいCカップに!「装いながら育てる」新発想の豊胸パッド!

理想のCカップに成型されたフルカップの吸着はボリュームはもちろん、カタチまで美しく整えます。

2位:アップルジェル定期コース

3大美肌成分配合のバストアップジェル!通常より8%も安くお届け!

バストマッサージ&パックで潤い、ハリ、ボリュームすべて満たした贅沢美乳を!

3位:スーパーアップルセット

バストアップも美肌も全部おまかせ!内側からも外側からもケア!

ジェルとサプリ、2つのアイテムをセットにしました。これでバストケアの基本は完璧!

お客様から届いた声を続々配信中!

お客様の声はコチラ

ページトップへ戻る